■ ビーズの道具のお話

デザインボードとは?

①ビーズ デザインボードとは?

ビーズのデザインボードとは、ビーズ制作をする時に机などの上に置き、
その上で作業をする…作業ボードの事です。

コロコロ転がるビーズで作るビーズアクセサリーですので、
転がり落ちないように、溝などでビーズの動きを止め 作業の効率をあげます。

初心者さんから 「無いといけませんか?」という質問を受けたら
「必ずしも必要な物ではありません。あると便利」と答えるでしょう。

しかし、一度手にしたら手離せません。ともアドバイスしたいところです。



わたくしの経験談。

わたくしがビーズをしようかどうしようか?と思っている頃に
1日教室というのに、何度か参加した事がありました。

東急ハンズのビーズ1日教室、
京都のイドラさんのビーズ教室などでは、
スウェードの生地を1枚貸して下さって、その上で作業をしました。

1日教室という事もあり、ビーズやパーツも揃えて下さっているが上に
それらが小さなビニールや器に入れて下さっているので
ただ、ハンカチを広げただけの生地1枚でも、問題なく過ごしました。


東急ハンズやイドラさんで使わせて頂く布は一般的には
手に入らないでしょう。

もし、そのような布が必要だと思う方には、 エクセーヌという生地がおススメです。



②ビーズ デザインボードの役割

ビーズアクセサリーには打ってつけの生地エクセーヌも
持ち歩く手軽さは良いのですが、

そもそも、デザインボードの役割は
ビーズが転がって作業しにくい部分をカバーしなければいけません。


そこが大切な役割です。

生地を引くだけでなくビーズの転がりを止める【枠】が必要不可欠です。

色々他にも、デザインボードにはその商品として求めたい部分がありますが
まずは、置いたビーズがどこかへ行って見失言わない事はとても大事で
あと、作業面でデザインを考える時もビーズを並べる訳ですから
ビーズ達にはジッとしてもらわないといけませんよね。

もうひとつ、願わくば作業面の色が薄い事が望ましいです。



③デザインボードを探しましたか?

ところで、皆様の中には、

「ビーズアクセサリーを作るならデザインボードが便利だよ。あった方がいいよ。」と
漠然と聞いて、探してみた。

そして買った。

でも、便利とは程遠い…そんな経験をした方も少なくないでしょう。

ビーズアクセサリーのブームと共に作られたデザインボードは、
皆さまもよくご存じのこのような物。



ビーズ デザインボード


ご覧いただいても解かるように、ネックレス等が置けるような下側がアーチになっていて
目盛りなども細かく書かれているこのグレー色のボードが一般的に有名な物です。



④理想的なデザインボードはちょっと違う

しかし、ボードの上で広く使ってビーズアクセサリーを作る…というのには
程遠い感じだな…

本当にコレって便利なの?必要なの?

そんな風にも思ったんじゃないですか?



色も今一つ好きになれないし、第一 最初にビーズ教室で使わせてもらった
広い作業面がまったく無いわ。

わたくしはそんな漠然とした感想です。

納得いきかねるその形にとても買う気になれなかったので
これは、作るしかないな。と思って作ったのが

「ビーズ ワークデザインボード」です。

グラスマーブル ビーズ デザインワークボード



⑤ワークデザインボードとしてとっても満足

・A4サイズ強の作業面。
・東レのエクセーヌ調の毛足の短い作業面。
・ビーズが転げて無くならない「枠」


ここまでは基本。


さらに理想に近づけた事は、

・作業面は邪魔をしないクリームベージュ色
・枠と作業面の隙間にミニビーズが入らない事
・「枠」は高級感のある木製で。
・「枠」は手首を置いても痛くならない面取りをした形
さらに…

・ビーズケースが置けるとGOOD!
・ビーズも並べられるレーン

さらに贅沢に求めたい…

・お片付けが簡単であること
    作業途中でも止めたり始めたり出来る事。それの実現は木製である事でした。



⑥ビーズが上質な時間となるように

ビーズは単なる作業や在宅ワークではありません。
優雅で上質な時間を得るための楽しい手芸です。

たとえば、ボードがダンボールで出来ていたらどうですか?
切りっぱなしのべニア板ならどうですか?

誰にも邪魔されない自分の世界を十分に楽しむためには
良い道具と共にないといけません。


初心者さんから 「無いといけませんか?」という質問を受けたら
「必ずしも必要な物ではありません。」と答えるでしょう。

でも、さらにアドバイスをするとしたら

あれば、素敵な時間を過ごせますよ。と伝えたいと思います。



⑦長くワークデザインボードと過ごした果てに…

10年程たったある日、
その皆さまがどなたもご存じのグレー色のデザインボードを
手に取る機会がありました。

今も自宅にあります。

最初から否定で始まったこのグレー色のデザインボードではありましたが
使ってみると見直す点がありました。

一連ネックレスを作る場合、気になるのが長さ…そしてバランス。
もし、作る作品が一連ネックレス中心だとすると、
アーチ形に作られた溝にビーズを並べるだけで、出来上がりの長さを決めることが出来ます。

この商品の良さも使ってみて初めてわかる事でした。

わたくしはほどんどの作業は当店のワークデザインボードでしますが、
ネックレスの長さの決定やビーズの並びを確認する時は、グレー色のデザインボードを
使う時があります。

最近、天然石ブレスレットの流行でこんな商品も出来て来ました。
ブレスレットの手首の長さを決定するのにとても便利です。


ブレスレット用 制作ボード


いずれも、何を作るか?という点を追求すると使う道具も変わる…そんな気が致します。



葉月硝子

10月店長の一言

街はハロウィーンカラーで彩られています。いつものお菓子でもハロウィーンで飾られていると、つい手が出ちゃいます。食べ過ぎないように気を付けなくっちゃ!

_________________Hazuki___


  • クーポンコードのご利用方法
  • 葉月のブログ
    ・ 10月19日更新
  • フェイスブック
  • グラスマーブルな一日
  • インスタグラム
  • メルマガ登録

店舗情報

有限会社グラスマーブル

兵庫県神戸市灘区篠原南町
7-6-1-805

TEL/FAX 078-801-6507

10:00~17:00 土日祝休

SECOND STORE2

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

【 商品発送について 】
ご注文ご確認メール到着後1~3日以内に発送をさせて頂いております。
商品発送後、メールにて到着日時をお知らせしております。ご確認くださいますようお願いいたします。