■ 誕生物語

ワークボード 誕生物語

ワークボード 誕生物語


初心者の頃は、いろいろな物を敷いてアクセ作りを楽しんでいました。
大判のハンカチを広げてやってみました。
布が軽すぎて手を動かすと袖に当たってめくれてしまいビーズも落ち着きません。
ハンカチの折じわが山になってビーズも転がってしまいます。


フェルトの布を使ってみました。
濃い色はビーズの色がわかりにくくなるのでなるべく淡い色を用意しました。
適当な重さがあってテーブルの上にしっかりと広がっています。
弾力性もそこそこあってあまり転がりもせず大きなサイズの玉を扱うにはいい感じです。
ただ毛羽立つのと粒ビーズがうまくすくえません。
手元のビーズに気を取られていると端のほうのビーズは布から転がり落ちています。

ビーズレーンのついたグレー色のデザインボードを使ってみました。
軽くて大きくてビーズ玉が綺麗に並びます。
ネックレスのデザインをするのにメモリもついていて便利です。
ただしプラスチック製で材質がペラペラなのでちょっと手が当たると ひっくりかえってしまいました。
これはデザイン用なので作業をするには別に作業ボードが欲しくなります。

他にもたくさんのビーズボードというものを購入して試してみましたが、
どれもそれなりに良い点と悪い点があり 「これだ!」というのものを見つけることはできませんでした 。

だからまた、自分がつくるしかないと思ってしまう訳です・・・
わたくしの描く理想のビーズボードとは、ボードの上でビーズを選びデザインを考え制作できる・・・
そして、つくりかけの作品をそのままの状態でキープしながら机の上はかたづけたい!
というちょっとわがままで便利なものです。

何度も言いますが・・・わたくしは、お片づけが大の苦手です。
そんなわたくしですが、ビーズが大好きです。
すごく幸せで優雅な気分を大切にしています。
だから、機能的でやぼったくなく高級感のあるものを追求してしまいます。

こんなボードが欲しいとデザインし自分でも板にいろんな素材の布を貼り試作を繰り返し
自分の考えを形にしていただける業者さんを捜しそれはそれはたいへんなわがままを聞いて
いただきようやくボードができあがりました。

このワークボード誕生に尽力をつくくしていただいた方から
「これ、意匠登録したほうがいいですよ。絶対!」とのお言葉。
意匠登録などには、まったく縁がなかったのでとても良いお勉強になりました。



詳しくは葉月硝子の意匠登録への道をご覧下さい。



10月店長の一言

街はハロウィーンカラーで彩られています。いつものお菓子でもハロウィーンで飾られていると、つい手が出ちゃいます。食べ過ぎないように気を付けなくっちゃ!

_________________Hazuki___

ハロウィーンイベント


  • クーポンコードのご利用方法
  • 葉月のブログ
    ・ 10月01日更新
  • フェイスブック
  • グラスマーブルな一日
  • インスタグラム
  • メルマガ登録

店舗情報

有限会社グラスマーブル

兵庫県神戸市灘区篠原南町
7-6-1-805

TEL/FAX 078-801-6507

10:00~17:00 土日祝休

SECOND STORE2

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

【 商品発送について 】
ご注文ご確認メール到着後1~3日以内に発送をさせて頂いております。
商品発送後、メールにて到着日時をお知らせしております。ご確認くださいますようお願いいたします。