■ 誕生物語

ビーズケース誕生物語

ビーズケース 誕生物語


理想に近いビーズケースとの出会い


わたくしは、お片づけが大の苦手です。
そんなわたくしですが、ビーズを買うのはとっても大好きです。
すごく幸せな気分になります。

そんな幸せな気持ちを何だかブルーな気分にさせるのがビーズの収納と整理でした。
満足のいく理想のビーズケースとビーズ収納箱がありません。
100円ショップのアクセサリー入れ・トラベルセットの化粧品入れ・ 鉄道模型のパーツ入れ
海外輸入のチョコのパッケージ、 手芸屋さんに売っているケースをいくつとなく買いました。

でもどれも、私が思っている機能をはたしてくれるケースに めぐりあえません。

グラスマーブル誕生物語でもお話しさせていただいておりますように、
グラスマーブルの初代ビーズケースも実は最初はビーズ用のケースではありませんでした。
以前勤めていた仕事の関係で偶然手に入ったほんの30個ほどがグラスマーブルのビーズケースのはじまりです。

実は、 1995年の阪神淡路大震災がきっかけでお勤め先の会社の取引先が変わってしまい
そのプラスチックケースを 扱っている会社が見つからないのです。
すでに取引が無くなってから8年も経っていたので 電話番号も解らない状態。
そして、その会社との間には また別の会社が中間で入っていました。

とりあえず、その中間の会社の名前だけは覚えていたので電話を掛けたら、このような答えが返ってきたのです。

「あんた、よその会社のケースをそんなに簡単に分けてくれると思てるのか?そんな虫のええ話に、うちは乗れません。
連絡先は教えられませんわ」と。

私が気に入っているプラスチックケースを使っている会社から断られるならまだしも
中間の会社の方から、 「虫のいい話」と言われてしまった事に、ひどくショックを受けました。

このままだと ストレージバッグの試作にもストップをかけなければならない。
あきらめたくはない。

そんなある日、
ある店でそのプラスチックケースを持つ会社のまったく別の製品を使っている姿を見かける偶然に、身体に電気が走りました。
さっそく、チラッと見たその会社名を覚えて パソコンで調べ 即電話をしてみました。

電話をするのは怖かったです。

中間業者さんから 「虫のいい話」という言葉にショックを受けていたのですから、
また わたくしは「虫のいい話」を掘り起こす気なのか?と…

しかし、お電話に出られ取り次いで下さった若い事務の方も上司の男性の方も、丁寧に応対をして下さいました。
次の社長会議までこの件は保留にしていただけますか?とさすがに大きな会社から受けるコメントではありませんか。

心痛の為か、自律神経失調症になり通院していた病院で名前がよばれるのを待っている時です。
病院だと言うのに 携帯電話が高らかに鳴り出しました。

「社長からのOKが出ましたので、詳しいお取引の話をしましょう。
このケースは、当社にとっても売り物ではございませんので、金額の規定が無くただ今から、営業と相談の上、
見積もりを出させていただく事になります。」

こうやって、最初はやはりちょうどいい理想に近い代用品を扱う事になりました。

非売品であるプラスチックケースをわけてくださった会社のご厚意によりビーズケースを扱うことができ
グラスマーブルは、どうにかオープンへこぎつけました。



オリジナルビーズケースをつくる決断


ビーズの保管は、どなたもすっきり片付け、選びやすい環境づくりがしたいと望むはずです。

ところが、たいていの場合、”ビーズケース”と称した別の目的の為に作られた「プラスチックケース」を代用しては、
急場をしのいでいるのではないですか?
これまで 代用品でしかわたしたちの大切な材料であるビーズを保管することが出来ませんでした。
満足出来ないはずですよね。 代用品ですもの。
わたくしも同じ気持ちだったのです。
あれこれ 小さなプラスチックケースを買っては、 「望むものとはちょっと違う違和感」
「ここがこうだったらいいのに」 という思い…わたくしと同じ気持ちでまだビーズの収納に悩んでいらっしゃる方が
その悩みから解放されて毎日楽しいビーズライフがおくれたら、とても嬉しく思います。

グラスマーブルのビーズケースも実は最初はビーズ用のプラスチックケースではありませんでした。
仕事の関係で偶然手に入ったほんの30個ほどがグラスマーブルのビーズケースのはじまりとお話しさせていただきました。

しかし、これから先もずっとビーズケースを安定供給するためにオリジナルでつくることを決断しなければなりません。

透明感とフタのかみ合わせも もっと理想に近づけたい。
そうでなければ、ストレージバッグを販売する意味など無いと思っていました。

グラスマーブルのオリジナルビーズケースは、非売品であるプラスチックケースをわけてくださった会社のご厚意と
葉月硝子の自分の失敗と経験と希望から 生まれた理想のビーズケースです。



12月店長の一言

街では、もうクリスマスムードがたっぷり! 一年がアッと言う間にすぎていきます。

_________________Hazuki___


収納自慢大募集

  • グラスマーブルな一日
    ・ 12月11日更新
  • 葉月のブログ
    ・ 12月13日更新
  • インスタグラム
  • フェイスブック
  • クーポンコードのご利用方法
  • メルマガ登録

店舗情報

有限会社グラスマーブル

兵庫県神戸市灘区篠原南町
7-6-1-805

TEL/FAX 078-801-6507

10:00~17:00 土日祝休



偽サイトにご注意ください


SECOND STORE2

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

【 商品発送について 】
ご注文ご確認メール到着後1~3日以内に発送をさせて頂いております。
商品発送後、メールにて到着日時をお知らせしております。ご確認くださいますようお願いいたします。