■グラスマーブル ブログ

ベークライトと言う名のビーズ

ビーズ ベークライト

アンティークな素材の中に、「ベークライト」というものがあります。

1907~1927年の間に製造された、今ではアンティークの部類に入る素材ですね。
時間の経過と共に、オレンジや黄色などの色に変色していくのが特徴とされていますから、ちょっと不思議ですね。
デザインをする時には、いずれ変わる色を考慮していろんな色を組み合わせて作るよりもシンプルな物が好まれます。

さて、いったい「ベークライト」ってどのような物でしょう?
調べてみましたので、簡単にお伝えしますね。

名前の由来は、その時代のベルギーの科学者ベークランド(Bakeland)によって開発された、熱に溶けないフェノール樹脂の商標名との事です。
もっとも古い人工的に作られたプラスチック素材だそうです。

今では、プラスチックで作るビーズなんて山のようにあり、誰かさんが科学的に何かと何かを掛け合わせて作ったビーズが出来たとしても、わざわざその方の名前がビーズの名前になったりはしません。

そんな時代に出来た素材だからこそ、有名になったのでしょうね。

1920年代には、コスチュームジュエリーの素材として使用されるようになったとの事ですので、本物の宝石からフェイクの楽しみが広がったその時代に発明されたビーズという事で、上流階級の方に好まれただと考えられますね。

上記に使わせて頂いたお写真は、「サクラシーエス」さんのもので、今でもサクラシーエスさんでは、購入する事ができます。

http://sakuracs.ocnk.net/product-list/16

青と黄色が用意されています。
「ベークライト」のビーズやアクセサリーを拝見すると、透明感の無いマットな表情ばかりです。

わたくし達が知っているアクリルビーズ、レジンビーズと言った具合でしょうか?
ガラスとは違った表情を持つ素材としては、今でも作るとぐっとアンティークさを増すような気がします。

「ベークライト」は1950年代に、次の流行を独り占めしたルーサイトが出るようになると、静かになりを潜め、1960年には製造停止、しかしCatalin社にその特許権が引き継がれ、今現在、わたくし達が手に取る事ができる「ベークライト」はこの会社の物と思われます。

今では、プラスチックと言いましたら大量生産…安い。と言うイメージですが、その昔発明されたもの、発見されたもの…と言うだけでとても価値がありますね。

時には、目の保養にアンティークな素材も尋ねてみたいですね。


葉月硝子

  • 2019.09.18
  • 16:06

9月のビーズ収納ケースあれこれ

ビーズ アクセサリー 作業トレイ ワークボード
陽が落ちての鈴虫の鳴き声に秋を感じる今日この頃です。
皆様、夏バテなどにはなっていらっしゃいませんか?

当店のトップページのお写真も、昨日 コスモスに変わりました。
このコスモスの画像を作った間宮は、思わず山口百恵さんの「秋桜」を思い出し、
歌詞を改めて見たそうです。

歌詞には、「小春日和の穏やかな日」というフレーズが出てくるそうですが、
「小春日和」とは晩秋から初冬の暖かな晴天となっておりまして、
まだ、早いねぇ~なんて話したところです。


さて、本日は9月に向けてのお話をさせて頂きたいと思います。

1.9月15日にグラスマーブルは16周年を迎えます。
 これを記念して、新商品「ツールボックス」のご案内をしたいと思っています。
 ただ今準備中ですので今しばらくお待ちください。

2.「ツールボックスのVMサイズの白」が残り1個となりました。
 こちらの商品は再生産を予定しておりません。

3.「ツールボックスのVMサイズの赤」が残り2個となりました。
 こちらの商品も再生産を予定しておりません。
ツールボックス

4.「小さなボックス.キャンディの白」が残り3個となりました。
 こちらの商品も再生産を予定しておりません。
ツールボックス

5.「ビーズ収納ケース・グレイス」が残り1個となりました。
 こちらの商品も再生産を予定しておりません。
ビーズ収納ケース




たくさんの商品が品切れ状態になりますので、ご検討中の方は再検討頂けると嬉しく思います。
どうぞよろしくお願い致します。

ビーズ収納一覧のページはこちら⇒


有限会社グラスマーブル 葉月硝子

  • 2019.08.31
  • 21:24

ヴィクトリア女王の首飾り

ブラック ネックレス 中世


今日はヴィクトリア女王によって有名になった宝石「ジェット」についてのお話です。

ヴィクトリア女王をよく知らない方も何となく「聞いたことがある名前だなぁ」と思われる方が多いと思います。
近年では、映画でも「ヴィクトリア女王 最後の秘密」が放映されましたし、
またテレビでも「女王ヴィクトリア 愛に生きる」が連続ドラマとして紹介されました。


映画「ヴィクトリア女王 最後の秘密」は、晩年のヴィクトリア女王の物語で、在位50年の式典からのその後を知る事が出来ましたが、宝石「ジェット」が係わる物語は、連続ドラマの「女王ヴィクトリア 愛に生きる」の方が時代が重なります。

「愛に生きる」の愛は最愛の夫アルバート公の事ですが、彼は42歳の時に亡くなりました。病気です。腸チフスとも胃がんとも言われています。 そのアルバート公が亡くなってからヴィクトリアは、喪服に身を包み、約20数年黒い服をまとっていました。

そんな喪服を飾っていた宝石が「ジェット」です。
また、王室内の人々にも喪服の着用を定めていました。
こうやって、ジェットのアクセサリーのアレンジが始まったそうです。


ジェットについて…

ジェットとは、植物が化石化した漆黒の石。と言われ、当時のジェットは今では珍しいものです。

もともと、ジェットは15世紀頃から「モーニングジュエリー」として用いられていたそうです。
服喪用装身具という意味です。

そしてジェットはやがてイギリスからヨーロッパの人々の間で流行する事になったのですが、
模造品の出現によって需要が減り、採れる鉱山も閉鎖されていったそうです。

とは言え、現在は中国などで良質なジェットの原石が発見されたとの事で、手に入らない事はありません。
同じ黒い天然石オニキスに比べるとジェットはとても軽い天然石。
大ぶりのデザインや洋服などに刺繍として縫い付ける石としては重宝とされているようです。

黒いアクセサリーをデザインするのに、ジェットがない場合、ただの黒いビーズであっても、
デザイン的には大きく変わる事がありません。

天然石オニキスを使えば、大きさや形や石のカットなど多様にあるのでアレンジがしやすいですし、
輝きはジェットとは違うものですが、スワロフスキービーズにも「ジェット」と名付けられた黒いビーズがあります。
また、安価なところではチェコビーズでもジェットのようなビ-ズを見つける事ができます。

わたくしもビクトリア女王を思って、メタルパーツやベルベットリボンで作ってみました。

葉月硝子

  • 2019.08.23
  • 08:05

ツールボックスの汚れの取り方

ツールボックスの汚れ取り

当店のビーズ収納用ツールボックスは、催事やマーケットなどに持ち出さなくてはならない時に
「とっても便利です」とご紹介しています。

しかし先日、
これまでメイクボックスで使っていた方から譲り受け、わたくしはビーズの収納箱として使いたいのですが、
汚れが取れなくて困っています。

というお困りごとを相談頂きました。


さっそく、メイクボックスとして使った場合の汚れの対処法をお伝えいたしました。
特にファンデーションですが、ボックスの外に指紋のようにベタベタついています。

このファンディーションの汚れは、クレンジングやベンジンなどでは取れません。
一瞬、取れたように思うのですが、乾くとやはり残っています。

そこで是非お試し頂きたいのが、下記です。

ツールボックスの汚れ取り
柔らかい布などで少し付けてはピンポイントで拭いてください。

たくさんの液を使い一気に拭いてしまうのではなく、服のシミを取るように 部分的に少しづつ取って下さい。
取って一晩乾かすと、取れていない部分が解りますので、また繰り返します。
ゆっくりしっかり取って頂ければ、奇麗なボックスに戻ります。

ただ、お化粧品としてお使いになられた後は、香水や化粧品の匂いはなかなか取れにくいので、
その場合は陰干しなどをして対処頂ければと思います。
手間がかかりますが、頑張ってみて下さいね。


葉月硝子

  • 2019.08.06
  • 17:44

暑中お見舞い申し上げます。2019年「夏」

グラスマーブルの夏

皆様、暑中お見舞い申し上げます。
暑い毎日どのようにお過ごしですか?

今年は、梅雨明けと同時に熱中症で倒れる方のニュースが多く聞かれていますね。

皆様も、とにかく熱中症にならないように…と細やかな対策を立てていらっしゃる事と思います。
わたくしも、人一倍体力の無い方ですので、無理をしないよう静かに夏を送っています。

もちろん!夏休みの計画などまったくありません。
せいぜい、映画館に足を運ぶぐらいです。

わたくしの住む神戸市は南に海、北に六甲山という恵まれた自然の中ですので、若い方は浮き輪をもって南に…中高年はご夫婦や仲間でストックを持ち山へ夏を楽しんでいらっしゃいます。

そこに行きますと、わたくしはてんでスポーツに恵まれた体では無いので、出来ない事は出来ないと悟る事とし、冷房の効いた部屋で本を片手に主人公の人生を旅する事を楽しみにしています。

元気に軽いスポーツさえ出来ない事を残念な奴だな。と自分を戒めておりましたが、いやいや、出来ない事があるからこそできる事もある、結局は1日24時間をどう使うか?という事なので、夏をどうしようと思っていらっしゃる方も、是非、自分の好きな時間を持たれるようにされてくださいね。

これって、結構大切な事です。


葉月硝子

  • 2019.08.05
  • 12:55

ビーズ用工具の価格改定

ビーズ 工具 ニッパ 平やっとこ 曲爪やっとこ 丸やっとこ

先ほど、8月のメールマガジンでもご案内をさせて頂きましたが、 工具の価格改定で値上げとなります。

これまでも何度かの値上げがありましたので、理由を尋ねますと、
原材料費の高騰や人件費、輸送費の上昇との事です。

原材料の部分は、機械工具を作っている会社の内部の事なので細かくは解りませんが、
人件費と輸送費に関しては想像できる部分です。

最近の人手不足の原因は、両親の収入の安定で自宅で過ごす若者が増えたせいもあるでしょう。
もちろん少子化も。
後は、人の下で働かない人が増えました。

起業と言えば格好が良いでしょうが、わたくしもその一人です。
仕事面では起業して頑張っているのですから見た目は悪く無いでしょう。

しかしながら、こんな小さな起業の人間がひとつの家族の大黒柱になれるか?と言えば、
そうでない人の数が多く、よっぽど9時から5時までしっかり工場の一員として、あるいは会社員として
従事する方が安定感もあり社会貢献になっているだろう。と考える事があります。

いずれにしろ、小さな起業に走ったり、○○教室…たとえばInstagram教室だとかサロン教室だとか
それらも次々に増えています。
そのような仕事も決して悪くはありません。
がしかし、それで食べていけるか?生活は安定しているか?と言われると皆さん悩むところではないかと思います。

結局そんな働き方の流行りが、大企業の人手不足を作っている原因なのかもしれません。

そして、もう一つの問題の輸送費。
こちらはこれからも値上げが続くと言われている、通販にとってはとても頭の痛い問題です。
ここの所、耳にするのは、輸送費の高騰でネットビジネスなどが立ち行かなくなるという現状です。

お客様は送料無料を望む。
お客様へのサービスとして送料無料を実施する。
送料の価格は高騰。
仕入さんには今までと同じ仕入額。
その仕入れもだんだん小さな仕入れとなり、小さな仕入れは送料を店側が負担しなければなりません。

となると、もう粗利も無くなり会社は儲けが無くなるので存続出来なくなります。

そのような事態があちらこちらで起きていますので、
今回の工具の値上げは工具にとどまらず、時代の問題となりつつあると思います。

とまぁ、世間を見ると仕方が無いか。とあきらめつつ
今回の工具の値上げを決めた次第です。


葉月硝子

  • 2019.08.01
  • 13:38

グラスマーブルも高齢化かな?

ビーズ作業トレイ ビーズデザインボード ワークボード アドバンス

こんにちは!葉月硝子です。

グラスマーブルのお買い物の傾向として、
かなりの確率で、ワークボードだけを買う人は極めて少ないんですね。

え?と思われますか?
でも、ご自身がお買いになられた時、どうでした?

いくらビーズチェストの上に乗っかるからって、
ビーズチェストとワークボードのセット買いが多いです!なんて
ホラも拭きませんし、それならそれで、そのセットを作っておりました。

だいたいが、ビーズチェストと工具(1本もあれば3本とか)が多いんです。
なので、わたくし達もその点について不思議にも思った事も無いですし、
「そう!そう!」と梱包に勤めておりました。

ところがですね、最近、ワークボード単品だけを買われる方が増えて来たんです。
そして、そんな方は結構な確率で、「プレゼント包装」をご依頼されます。
プレゼントなら単品購入も当たり前ですよね。
プレゼントする方がビーズをしていなかったら、他にどんな工具を買っていいか解りませんものね。

で、ここからなんです。

そういう方は、あまり購入後のメールは下さらない。
あげた!喜んだ!良かった!でホッとしていらっしゃるのでしょう。
しかし、そんな中
たまに下さるお便りを見ると、

「お母さんが喜びました。」
「お婆ちゃんが喜びました。」 等が多いんですね。

ありゃま!

友人、知人じゃないの?とわたくし思う訳なんです。
なるほど、お婆ちゃんと言われてしまうと、
ビーズクラフトの世界も高齢化しているのかもしれませんよねぇ。

わたくしも、そしてグラスマーブルも高齢化、しちゃってますもん♪

でも、それもいいなぁ~なんて思う今日この頃です♪
次の敬老の日は、自分でお祝いしよう!!

どこまでも楽天的な葉月硝子でした。


代用品では比べ物にならない。使わないと気が付かないアクセサリー制作ワークボード。

アクセサリー 作業ボード ワークボード デザインボード ビーズ beads

アクセサリーを作る時って、専用のトレーがあるのかなぁ?
と、思っている方に、是非聞いて頂きたい【お客様の声】が届きました。

とても解りやすく上手にBeadsワークボードの感想をお寄せくださいましたので、
お言葉を借りて、ご紹介させて頂きます。



早速触ってみたのですが、さすが専用トレイ!と感じました。

代用品とは比べ物にならない…。

私は浅めのカラの引き出しにフェルトを貼ったものをとりあえず代用していたのですが、
フェルトをトレイの代わりにするには相性が悪かったです。

転がらないという点では問題ないのですが、
針ですくおうとするとフェルトまですくってしまいトレイがガチャンとなってしまいバラバラに…。
指で取るにもだんだんフェルトが毛羽立ってしまい、ビーズと一緒に繊維?も取れてしまって地味にイライラ…。
結局なんだかんだで机に直接、すぐに片付けれてぐちゃぐちゃになっても大問題にならない程度の量を
少しずつ出しながら作業するのが当たり前になっていました。

さっそく商品にビーズを広げて指でとったり針ですくったりしてみましたが、
フェルトでの問題点をすべて解決していました…!

そしてフリースペースも大きくあるのですごく便利ですね!

以前持っていたトレイにビーズを入れるために小分けにされていたものがあったのですが、
小さいビーズ、特に端のほうにいくと取り出しにくくなってしまい…ちょっと不満でした。

でもこれは大きいのでそんな心配はなく、
またピンセットなど道具を置くこともできてまさにフリースペースですね。
トレイの部分に置いてしまうとビーズと道具が邪魔しあってしまうので、分かれているのがありがたいです。
また溝も本当に程よい深さで…デリカビーズなど小さいビーズを置いても取りづらくありませんでした…!
木枠とマットの隙間に小さいビーズが挟まってしまうのでは…?という心配も、
三角トレイでビシッと取ることができました。

ビーズ用三角トレイ(アルミ製)がおすすめ

これらはサイトに書いてあることですが、実際に触ってみて実感しました、すごいです…!

あとトレイの縁が程よい高さで、内側が斜めに切られているのすごくいいですね。
代用の引き出しや別のトレイではきちっとした四角?だったので、
端に行ったビーズが取りづらかったり、縁が手にあたって邪魔だったりというのがあったのですが、
このトレイは邪魔はしないように、でもビーズが落ちないように完全なフラットではなくちゃんと縁がある、
本当にすべてが計算されていていたれりつくせりだなとすぐにわかりました

ビーズ作業が楽しみでしかたないです(*´`*)

それからお付けいただいたビーズケース
今回はトレイが目的だったこともあり拝見していなかったのですが、
こちらも細かくこだわられておられるのですね…!

これまた実際に触ってみて商品説明に偽りなしと感じました。
落としてもふたが外れにくいのに、開けようとすれば簡単に開く、
ありそうでなかったまさになケースだと思いました。

サイトにも書いてありますが、いろいろなもので代用するものの結局何かが惜しいんですよね…。
お薬ケースのような小分けされているものは便利と思ったのに、
実際使ってみると指が入りづらく、傾ければ他のスペースのビーズも出てきてしまう…

今は数も多く入っていて安い3個で100円の
旅行時にクリームなどを小分けに入れれる小さなケースを使っていて、
こちらは軽く回して閉めるタイプなので落としてふたが外れるという心配はないのですが、
丸い形なので可愛いですが収納面でいくと無駄なスペースができやすいんですよね…。

まあそういう使い方をする商品ではないので当然なのですが、
スタッキング性もないですし、本当に「代用品」という感じです。

でもこちらはビーズに特化したケースというだけあって、
収納や使い勝手はもちろん、透明感などもこだわられていて感動してしまいました…。

私はキットタイプのビーズをすることが多いのですが、
ステッチ系だとビーズの種類が多いので必要なビーズの見やすさ(一覧性)と
取り出しやすさは大切だなと感じます。

やっぱりそういう地味なストレスは集中力や楽しさを欠いてしまうと思うので…。
ビーズ以外の手芸もやったりなのでステッチ系の頻度はたまになのですが、
次はビーズケースの検討もしたいなと思いました。

…すみません、なんかすごく長くなってしまいました。
これ以上語ってしまうともっとまとまりがなくなってしまいそうなので、この辺りで締めたいと思います。

こんな個人的なメッセージにご丁寧にお返事くださりありがとうございました、とても楽しかったです…!
そして改めてお品物、そしてお手紙やビーズケース等までいただき心より嬉しく思います。
素敵なトレイ、長く大切に愛用していきますね(*´∀`*)
ライン

本当にわたくしの説明を上手に代弁して下さったような嬉しい感想でした。

最近では、DIY等も流行り、大抵のものは自分でも作れる…
しかも100円ショップの材料で!と言う時代ですが、
考えに考え抜いて、そして工場とも何度も打ち合わせと試作品を重ねて
作った「商品」は違います。

それを作るに携わった人が誠心誠意、使う人の事を考えて作る商品とは
違う。という事をどのような表現で皆様にお伝えできるか?と いつも悩みます。

わたくしも精いっぱいビーズをする人アクセサリーを作る人の事を考えて
提案した商品ですが、それ以上に経験を積み上げた職人さん達が
耳を傾け、どうすれば喜んで頂ける商品を提供できるかを精いっぱい考えて
そして出来上がった物…それが代用品に負ける訳が無い。という事を
本当にお伝えしたいと思ってきました。

この度、この感想をお寄せ下さったお客様に感謝する次第です。


葉月硝子

  • 2019.07.02
  • 21:41

アクセサリー作りにワークボードが必要な訳

アクセサリー 作業ボード ワークボード

アクセサリー作りなんて、机さえあれば出来ると思っている方が多いと思いますが、
実際には、机に向かうだけではイライラする場面ばかりになります。

このイライラは、ビーズ用のワークボードがあれば、解決する問題ですが、
まだワークボードを使ったことが無い方にとっては、
「それが何?」という気持ちでいらっしゃるかな?と思います。

アクセサリー制作でもどかしく思ったりストレスになったり、という事は意外とみんな同じ場面なんです。
たとえば、

通した後に、どれどれと左右を眺めたら、「あ!順番、間違っている」…こんな事、結構ありますよね。
また、

このビーズの先に、どのビーズにしようか?と思った時に、あれはどこだろう、あ!ちょっと数が足りない。
等と、立ったり座ったりを繰り返したりすることもあると思います。

一番困るのが… 静かにビーズと向かい合っているだけなのに、
コロコロ、コロコロっとどこかへ行っちゃうビーズ。

こういう、ちょっとしたストレスを回避するためにワークボードがあります。

ワークボードにはビーズレーンがありますので、その部分に通すビーズをあらかじめ並べて、
通し間違わないようにしたり、ワークボードはお盆のような形なので、
今日使いそうなビーズはたっぷり作業面の上に置いて準備したり、

そして何よりもボードの木枠がビーズのコロコロをストップさせます。

また、ワークボードは適度な硬さと柔らかい布を貼っているため、
ミニビーズなどもすくいやすいように作っています。

しかし、わたくしがこのワークボードで助かっているのは、
「さぁ!今からアクセアリー作るぞ!」と
やる気にさせてくれる、空間を作ってくれること。

自分の前に出来たたったのA4強の大きさのこのボードが、テンションを高めてくれたり、
新しい発想を起こさせてくれたりします。

「整える」という事が、事始めにはとっても大事なんですね。

何の気なしにアクセサリー作りをするは残念ですよ。
テンションあげて楽しい気分で今日も始めましょう!!

きっとワークボードがお手伝いさせて頂けます。


葉月硝子

  • 2019.06.04
  • 13:08

ビーズ収納の法則 [ビーズに定位置を与える]

ビーズの収納

いつの間にかビーズが増えてしまい収納に困っている…そういう悩みは多くの方が持っていらっしゃいます。
いくらでも入る入れ物があれば良いのですが、どちらかと言うといつもビーズはひしめき合っている状態です。

ビーズはとかく使う時に探さなければならない事が多く、
しっかり記憶にとめておけばすぐに問題解決ですが、

何と言ってもとても数が多く、しまったところの場所は記憶にとどめておくことができません。

大抵の方は、ビーズをしまう事に気持ちが行きます。
とにかくケースに入れ蓋を閉めれば、片付いた気がする。
実際に見た目は片付きます。

しかし使う時に、探し回るのでその後、ビーズケースはあっちこっちに移動し、
一見片付いている様に見えて、実はとても使い勝手の悪い結果になっている事がほとんどです。

これを回避する方法としては、今日のお題に書きました「ビーズに定位置をあたえる」という事です。
ひとつひとつに…と言うよりも、ある塊に定位置を与えておくと良いと思います。

例えば、わたくしは色別にビーズをしまう事を推奨していますが、

赤色ならこの場所に入れて置く。と決めたり、
スワロフスキーはここに入れて置く。と決める事です。

もうひとつの便利な案は、ビーズの大きさに分け、定位置を与えて置くのも良い方法です。
時には買った店ごとに分ける事も楽しいと思います。

そして、一番大事な事は、定位置をやたらに変えない事。
定位置を決めたら、出したらもとに戻す。
これを繰り返すとお片付けは完璧!

ビーズに定位置を与えて、出したものはすぐ戻せば乱雑にならずに済みます。
探さないビーズの収納を日頃から心がけましょう。


葉月硝子


予告!9/15 新発売

  • LINE@お友達募集中
    ・ LINE@お友達募集中
  • グラスマーブルブログ
    ・ 9月18日更新
  • グラスマーブルな一日・メルマガバックナンバー
    ・ 9月12日更新
  • 葉月硝子のプライベートブログ
    ・ 9月17日更新
  • フェイスブック
    ・ 9月15日更新
  • インスタグラム
  • クーポンコードのご利用方法
  • メルマガ登録

店舗情報

有限会社グラスマーブル

兵庫県神戸市灘区篠原南町
7-6-1-805

TEL/FAX 078-801-6507

10:00~17:00 土日祝休



偽サイトにご注意ください

収納自慢大募集


SECOND STORE2

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 配送のみ

【 商品発送について 】
ご注文ご確認メール到着後1~3日以内に発送をさせて頂いております。
商品発送後、メールにて到着日時をお知らせしております。ご確認くださいますようお願いいたします。

QR

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら