■ ビーズの作り方のお話

-基礎編-

ビーズの作り方

ビーズアクセサリーをよりきれいに素敵につくるには、優秀な工具と使い易い作業用ワークボードが必要です。
簡単なビーズキットでも、使う工具にはこだわって下さい。
出来上がりにおどろく程の差がでます。

葉月硝子がおすすめの工具のポイントは女性にやさしい手のひらサイズ。
力を入れなくても作業ができ ピンワークが苦にならない事です。
工具と一緒に揃えたいのが 作業用のワークボードです。

今までのデザインボードで満足出来なかった皆様、是非お試し下さい。
葉月硝子がビーズ制作の経験から理想を追求しデザインしたワークボード。 きっと 手放せなくなります。
基本セットはこちら


ボールチップのとめ方   ピンをまるめる    丸カンCカンの開閉

チェーンのカット    めがねどめ



手作りアクセサリーはとっても簡単

「アクセサリーを手作りで作ってみたい」と思われる方は、

・自分らしいアクセサリーが欲しい。
・自分に合ったサイズのアクセサリーが欲しい。
・手作りが好き。
・何か趣味を始めたい。

こんな事を思っているのでは無いでしょうか?

で、やっぱり、わたくし葉月と致しましては是非是非、挑戦して頂きたいと思います。
挑戦と言っても 意外とスッと出来るので願かけてするものでもありません。 貴方も!出来ます。

最初っから嫌にならない為に、ご伝授致しましょう♪



手作りで”貴方らしいアクセサリーが必ず出来る ”から おすすめ!

よく「何から作ったら良いですか?」と聞かれますが、
手作りアクセサリーには、大きく分けてテグスやワイヤーなどにただただ、
ビーズを通した、いわゆるパールのネックレスのような物と、 ピンでつないだ物があります。

生まれて初めての「初めの第一歩」だとしたらオススメは、前者です。

これだと好きなビーズを50個ほど買ってきて、 ただつなげるだけでもネックレスは出来上がるのですが、
最初からビーズをいきなり買うというのも勇気のいることでしょう。

ここはやはり、気に入るカラーのビーズキットを探すのが手っ取り早いです。

そして、自分にあった趣味かどうかを感じて欲しいと思います。
つなげて処理。をするだけのアクセサリーであれば、ネックレスでもブレスレットでもOK。

そして、 最初は使う道具、特に工具は最小限でしてみると良いです。
もちろん、最初から道具を揃えたいという方はコチラを参考にして下さいね。



是非、作ってみてくださいね

アクセサリー手作りはちょっとしたきっかけから…。迷わず、まずひとつから始めてみましょう。
だれでもがアーティストになれるとても簡単な趣味。
そして進めば進むほど奥が深く楽しさも増す素敵な時間が手に入ります。

わたくし葉月はグラスマーブルを通して、皆様により優雅なお時間をプレゼントしたくて素敵な道具をご紹介しています。
是非、アクセサリー手作りの世界にお越しください。



ビーズの作り方目次




-ピンをまるめる-

ピン曲げのしかた

ピンの綺麗な曲げ方

曲げる手首の回し方にも慣れが必要ではありますが 綺麗な丸が作れるかどうかの分かれめは
ピンをカットする時の位置(長さ)やピンの硬さなども影響します。
また 小さなこだわりとしてカットした断面が綺麗な事も大事です。
綺麗な断面を作るためのスパッと切れるニッパを用意しましょう。

ピンの綺麗な曲げ方1.2.3.4


ピンの綺麗な曲げ方5.6.7.8



ピンの綺麗な曲げ方

ピン曲げは練習しだいで 誰でも綺麗にできるようになります。
上記で選ぶピンによって仕上がりが違うと言いましたが、ピンに通すビーズが大きい場合は 硬いピンはお薦めです。
ビーズが大きい分、重さがありそれに耐える為には 太いピン(0.7ミリ)や硬いピンを使う必要があります。
一方 ミニビーズのピン曲げでは硬いピンを使うと丸がいびつになりがちです。
綺麗な仕上がりを得る為には練習が必要となります。
小さなビーズには 細いピン(0.5ミリ)を使い、選んだピンがやわらかすぎる場合はメガネ留めなどで対処しましょう。
個人個人手の力が違いますので、ご自分に合うピンを見つけることも大事です。
丸ヤットコのどの太さの部分で曲げるかによって出来上がりの丸の大きさが違ってきます。
丸ヤットコは、円錐を描いた先の細いものがお薦めです。ただ先が丸いだけでは綺麗な丸を作る事ができません。
丸ヤットコこそ良い物を選ぶことが大事です。



ビーズの作り方目次




-丸カン・Cカンの開閉-

ボールチップのとめ方

マルカン,Cカンの開き方と閉じ方

マルカンやCカンにもサイズがあります。丸の直径と金具の太さで表されます。
太く硬い物を使うと外れなくて良いような気も致しますが
硬すぎることで力を入れすぎカンに傷をつけてしまうことがあります。
決して力づくでカンを閉じないようゆっくり閉じましょう。
アクセサリーの制作にはかかせない、 マルカンの開閉ですので是非参考にご覧下さい

マルカン,Cカンの開き方と閉じ方


とっても便利な曲爪ヤットコは 次のような作品に もっと役にたちます。

ボールチップのとめ方7.8

マルカンを開いたら作ったパーツを引っ掛けます。
たくさん引っ掛けると閉じる時に大変ですが、 曲爪ヤットコ平ヤットコ を使用すると簡単に閉じる事が出来ます。
マルカンにたくさんのパーツを閉じたい作品の場合、とても作業がスムーズに行えます。



ビーズの作り方目次




-チェーンのカットの仕方-

ボールチップのとめ方

チェーンのカットについて

チェーンを揃えてカットするのは なかなかめんどうな作業です。
いろいろな方法がありますが、葉月のおすすめのカット方法はこれです。
下の図のようにチェーンは垂らして長さを揃えるとカットしやすいです。
チェーンの長さが短い時はコマを数えるのがベストです。

チェーンのカットについて


チェーンは、いろいろ

チェーンには、カットしなければならない物と、マルカンのように切れ目が入ったものがあります。
切れ目の入ったチェーンは、平やっとこと曲やっとこで開いて引き離す方がカットの残骸が飛び散らなくて良いでしょう。
細いチェーンなどは、切れ味の良いニッパを使わなければ、切った断面がグニュとつぶれ、
残ったチェーンに食い込む事があります。
どんな時でもニッパは切れ味の良いもの、そして切れる断面が良く見えるものを用意しましょう。



ビーズの作り方目次




-ボールチップのとめ方-

ボールチップのとめ方

ボールチップのとめ方について

ネックレスやブレスレットをナイロンコードワイヤーで作る場合の端の始末は カシメとボールチップを使います。
ワイヤーをカシメでとめボールチップで隠すという使い方をします。
とても簡単に出来、そしてよく出てくる手法なのでチャレンジしましょう。

ボールチップのとめ方1.2


ボールチップのとめ方3.4



ボールチップのとめ方5.6

ボールチップのとめ方7.8

ボールチップのとめ方9.10



ボールチップには下記のような形の物も販売されています。

ボールチップのとめ方7.8

このような形のボールチップがあります。横から見るとこのような形です。 左右を寄せるだけでOK。
最初から丸くなっているので、丸ヤットコを使用する必要がありません。簡単、初心者向きです。



ビーズの作り方目次




-めがね止め-

ボールチップのとめ方

メガネ止めの綺麗なしかた

難しいメガネ留めも、こうすれば綺麗にできあがります。
ピンをぐるぐると巻く時に手でするとどうしても力が入りにくかったり滑ったりしますが、
グラスマーブルお薦めの4本の工具を使うと綺麗なメガネ留めが出来上がります。

メガネ止めの綺麗なしかた1.2.3.4


メガネ止めの綺麗なしかた5.6.7.8



綺麗にできましたか?

メガネ留めは少し難しく思われる方が多いかもしれません。
天然石などのピン曲げをする場合、石に入れられた穴が小さく通常のピンでは通らないことがあります。
そのような時は 是非、メガネ留めをして下さい。
メガネ留めは出来上がると華やかさが出ます。
メガネ留めのワイヤーは 最近多種多様に出てきましたが、経験から少し太め(ピンよりは細い)を使うと
出来上がりも美しく作業がしやすいと思います。



ビーズの作り方目次




-天然石ブレスの作り方-

パワーストーン(天然石)ブレスレットの作り方

自分好みのオリジナルアクセサリーを作ってみましょう。
ゴムで作るパワーストーン(天然石)ブレスレットは、必要な材料も少なく、すぐに始められ、
短時間で完成するとっても簡単なクラフトです。
何か自分で作ってみたいと思う方も、本格的に作ってみたい方も是非参考にして下さい。


1.用意するもの

  • 手首を測るメジャー又は紐
  • 天然石ビーズ
  • ブレスレット用ゴム80~100センチ伸縮
  • ハサミ
  • クリップ又はセロテープ



2.ゴムの種類について

手作りブレスレットのマストアイテムの伸びるゴムは、大きく分けてオペロンゴムとシリコンゴムがあります。

オペロンゴムは、繊維状のゴム。クリスタル・ストリングとも言われています。
シリコンゴムはノビロンとも言われテグス状ゴムの形状で一般の釣りなどで使用されるテグスを
太くし伸縮性を持たせたものというイメージです。

両方を比べてみましょう。

オペロンゴム
  • 細い繊維状のゴムを束ねた状態。形状は薄く平たい感じ
  • カラーバリエーションが豊富にある
  • サイズ展開は0.5~1.0
  • 2本取り、4本取りで強化させるのでゴムのみでは通しづらく通しピンを使用
  • 使用時、急に切れる事が無く安全
  • 結び目が小さくビーズの中に隠しやすい


シリコンゴム
  • 断面が丸く1本の透明なゴム
  • 透明、色のバリエーションはありません
  • サイズ展開は0.8~1.0
  • ゴムのみでビーズを通す事が出来る
  • 摩耗している事に気が付かず突然切れる事もあるのでメンテナンスをしっかり
  • 結び目がやや大きくなりがち、ビーズに隠しにくい


当店が使用しているゴムは、オペロンゴムです

使用感の違いや安全性と作りやすさ等を考慮して、オペロンゴムを使用しています。

使用感は、出来上がった時にしなやかさがあるので着脱しやすいと思われます。

安全性に関しては、4本取りを基本にしていますので、ゴムの劣化で切れる場合もすべてが一緒に切れることが無く、
ゴム交換の時期が解るという点で安心です。

手作りキットとして販売させて頂いておりますので、皆様の作りやすさを考慮致しました。
ビーズの穴が小さく通りにくい場合も、ゴムを伸ばしたり縮めたりすることで通りやすくなります。
また、結び目の処理ではシリコン式では固結びをすることで結び目が大きくなり
ビーズの中に隠しにくい事が気になります。

上記の理由によりオペロンゴムを使用しています。



3.サイズの測り方

  • 1.メジャーを用意します。身近にメジャーが無い場合は、紐やリボンでもかまいません。
  • 2.腕に軽く巻きつけて重なる所をチェックします。
  • 3.紐を使った場合は、平らな状態で長さを測って下さい。


測ったサイズは、ブレスレットの内径となります。 パワーストーン(天然石)ブレスレットの作り方
ブレスレットの内径に1~1.5センチ足したサイズが理想的です。



4.サイズと天然石の数の目安

内径
6ミリ玉
8ミリ玉
10ミリ玉
内径13~14センチ
25個~26個
19個~20個
16個~17個
内径14~15センチ
27個~28個
20個~21個
17個~18個
内径15~16センチ
29個~30個
22個~23個
19個~20個



下記の計算で個数を出す事もできます

手首(15.0センチ+1.0センチ)÷0.8(8ミリ玉)=20個

10ミリ、12ミリの天然石を使う場合は、玉の内径の関係から若干の余裕が必要となります。
1つ増やすも減らすも1センチの差が出ますので、実際の手首と合わせて決められることをおすすめします。



5.ブレスレットの作り方(レシピ)

ブレスレットの作り方(レシピ)



天然石ブレスレット イメージ

パワーストーンブレスレット パワーストーンブレスレット




ビーズの作り方目次




丸カンとCカンの使い分け

マルカンは良く使うけれど、Cカンの出番があまりない方が 多いのでは無いでしょうか?

確かにデザイン的には丸カンの方が使い勝手が良いのは確かです。
しかし……
いつの間にか、マルカンが外れて ネックレスがちぎれたという場合が多く、
アクセサリーをハンドメイドで作って販売する方にとっては、
いささか都合の悪い事があります。

マルカンが外れただけなのに、「ネックレスがちぎれました。」等と
クレームが来て、がっかりする事も少なくありません。

そこで、是非
マルカンとCカン、また2重カンなどをアイテムによって使い分けてほしいと思います。


ネックレスのネック部分やブレスレット

ここで言うネック部分と言うのは、アジャスターやニューホック、カニカン等の
エンド部分では無く、中間部分からトップ部分のことですが、

ここはデザイン的にも非常に重要ですので、マルカンを使いたいところです。
ところが外れては困る。
そんな時は、すこし太い0.7や0.8のマルカンを使う事をお勧めします。

デザイン的な事を考えると、0.7がベストですが、天然石等の重たいビーズ使用の場合は、0.8が無難かと思います。


ネックレスのエンド部分

この部分は、人目に触れる事が少ないところなので、こういうところこそCカンを 使いましょう。

マルカンやCカンの外れる原因は、主にひっぱいあうから…という事です。
マルカンを使用していると、徐々に引っ張られた結果、
マルカンに少しの隙間ができその隙間からパーツ(主にピン曲げ・チェーン・エンドパーツ)が外れていきます。

これを出来るだけ回避する事が出来るのがCカンです。
引っ張られても、隙間がマルカンほどくるくる回らないので、
その他のパーツと隙間が合わさる事が少なくなります。

サイズも色々あるのに、マルカンとCカン……そうそう、本当に材料の種類は
たくさん入りますね。

材料を増やさずに作りたい場合は、サイズを0.7に統一するのが良いかもしれません。
この場合、マルカンを選んだ方が使い道が多いので、0.7で輪の直径のみ バリエーションを揃えましょう。


ストラップについて

ストラップでは苦い思いをした方も少なくないでしょう。
バッグに入れててもすぐに外れちゃうんですね。

スマホが流行りだしてからストラップを作る機会が少なくなったわたくしも、
色々考えた結果、ストラップだけは、通常のマルカンでは無く
2重カンを使うようにしています。

2重カンは、一般の企業(ドコモの景品や街で売られているストラップ)さんが
出しておられるストラップにも使用。
とても頑丈に作られているようです。

わたくしたちハンドメイド組も、可愛らしいデザインにしたいはものの、
すぐに外れてもテンションが下がりますので、
やはり、「外れない」を念頭に、作って行かなければならないと考えるこの頃です。

残念にならないよう、いろんな工夫をしてください。

葉月硝子

11月店長の一言

街では、もうクリスマスムードがたっぷり! 一年がアッと言う間にすぎていきます。

_________________Hazuki___



  • クーポンコードのご利用方法
  • 葉月のブログ
    ・ 11月19日更新
  • フェイスブック
  • グラスマーブルな一日
  • インスタグラム
  • メルマガ登録

店舗情報

有限会社グラスマーブル

兵庫県神戸市灘区篠原南町
7-6-1-805

TEL/FAX 078-801-6507

10:00~17:00 土日祝休

SECOND STORE2

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

【 商品発送について 】
ご注文ご確認メール到着後1~3日以内に発送をさせて頂いております。
商品発送後、メールにて到着日時をお知らせしております。ご確認くださいますようお願いいたします。