■ メディア掲載

映画 おみおくり


高島礼子 おみおくり



高島礼子さんが映画「おみおくり」の中で当店の
メイクボックスを持って出演して下さいました。



高島礼子さん主演 映画「おみおくり」撮影ついて


4月12日、富山県氷見市阿尾の上の八太郎さん宅にて撮影がありました。
高島礼子さんは、亡くなった人を棺に収める納棺師の役を演じられます。
この映画は、文音(あやね)さんを演じる若い女性が納棺師(高島さん)と出会い、
大切な人との死を受け入れて成長していく過程を描いたものです。
富山県氷見市阿尾では、弟子入りしてきた女性に死に化粧の仕方を教えるシーンです。
--2018年3月公開予定--


納棺師さんと言いますと、一般に知られていない職業とも言えるかもしれません。
また、お葬式の場や死に化粧と言った言葉を聞いただけで
その世界は、少しダークなイメージです。しかし、近しい人が亡くなった時に、とても感謝する存在の方です。
幸せにも、これまで身近な方を亡くした経験、お葬式をした経験が無い方は
少し遠い存在のように思われるでしょう。



わたくしと納棺師との出会い
わたくし事ですが、
ここ25年ぐらいの間に、何度かお葬式を出す経験をしました。


祖母の死
まずは、相方の祖母です。
25年前と言いましたら、まだそう遠くはありませんが、
その頃は、「お寺」でお葬式を致しました。
祖母は、夕食の後 あくびをひとつして目を閉じ、そしてすぐに亡くなりました。
あまりの静かなお参りに、まさか…と思う状況でした。
そんなふうに自宅で亡くなったので
そのまま、葬祭の方に連絡をし、そして 納棺師さんに来て頂きました。
知らない方の為に一言付け加えるなら、納棺師さんをお呼びするのは葬祭の方で
直接、わたくし達が連絡する事はありません。


間宮 父の死
その後、20年ほど前の阪神大震災、この時はわたくし達はお葬式を上げる機会を得ず
無事、乗り切りましたが、
ほどなく、震災の復興も落ち着き始めた頃、相方の父が他界しました。
物静かな、人を笑わせたり、ひょうきんな事が出来ない、ただただテレビとお酒を
こよなく愛す人でした。
しかし別の言い方とすれば「楽しくもない父」でしたが、
最後に亡くなる時は、左手におちゃわん、右手にお箸、そしてそのお箸の先にまぐろの造りを
挟んで、そしてコロンと後ろにひっくり返ったまま、死んでゆきました。
何年もたつと、ひとつの笑い話。そんな笑い話を置き土産に他界した父は、やはり祖母と一緒の
自宅での死でしたので・・・・・、わたくしたちも良く覚えています。
納棺師の方と湯灌師の方がペアでいらっしゃいました。
お風呂のような湯船をお持ちになりました。
もともと痩せていた人でしたが、死に化粧をして頂いたら、生きている時より華やかで元気な
顔になり、それはもう「亡くなった人」というより、元気そうなお顔で旅立ってくれたので
納棺師さんの仕事はこういうお仕事と、初めてわかった気が致しました。


間宮 母の死
それから13年ほどの間は、親戚などのお葬式はありましたが
身近には何事も無く静かな毎日を送っておりましたが、
2014年、春、相方の母親というもっとも離れがたい人との別れが待っていました。
92歳になっておりましたので、寿命と言えば寿命ではありますが、
ちょっとした自宅での事故で病院に入院する事になり、そのまま帰らぬ人となりました。
その時は、病院で亡くなりましたので病院から葬儀場まで直接行くことになりました。
そんな訳でございますから、納棺師や湯灌師さんと直接会う場面はありません。
と、申しますのは この頃になりますと「エンバーミング」という亡くなった方への処置が
時代的に出て来たんです。
母には、このエンバーミングを葬儀会社の方に頼んだため、納棺師さんにお願いする必要が
無かったようです。(と、言いますかエンバーミングの最後に納棺師さんの仕事が含まれます)


葉月 父の死
さて、その悲しみも言えない間に、その7か月後わたくしの父が亡くなりました。
胃癌の手術を受け元気で退院して自宅療養をしておりましたが、
お医者様の「手術はしてもしなくても後3ヵ月」という言葉に従うかのように亡くなりました。
ですから、この父も自宅での最後となりましたが、
先にお話しさせて頂いた相方の父の時のように、自宅に納棺師さんや湯灌師さんが来られる
と言うのも、もちろん無くはないですが、この時は違いました。
当たり前のように、葬儀場でその場所が設けてあり、広い畳の部屋で湯灌、そして納棺などが行われました。
確かに、その時納棺師さんは当店が売っているようなメイクボックスをお持ちでいらっしゃいました。


少し、プライベートなお話しをさせて頂き、またこういう形で納棺師さんの仕事を知っておりましたので
納棺師という職業の方にメイクボックスが売れていく事は不思議ではありません。
ただ、25年の間にはお葬式の形が変わったなぁと思わずにはいられないですし、
またどのように形や式が変わろうとも納棺師さんのお仕事は必然的なものと感じます。
納棺師さんのお仕事を身近で感じた事の無い方、いつかは一度は経験する事ですので
是非、高島礼子さん演じる「おみおくり」ご覧になって下さいね。



葉月硝子

ちびまる子ちゃんに出演

GlassMarbleのビーズ用ワークボード が「ちびまる子ちゃん」に出ていました。

題名は、
ちびまる子ちゃん【お姉ちゃん、謎のクラブ活動?の巻】1146話 です。


【物語の内容】

ちびまる子ちゃんのお姉ちゃんがクラブ活動を始めます。
お姉ちゃんの仲良しお友達よしこさんにばったり会ったちびまる子ちゃんは、
よしこさんと一緒にクラブ活動に行っていない事を聞き、
お姉ちゃんはいったいどこに行っているんだろう?と心配になります。

そしてある日、後をつけて行ってお姉ちゃんの様子を窓越しに覗きます。
窓から覗いた場面が下記です。


ビーズ デザインボード

机の上に置かれているビーズの作業ボードが、
GlassMarbleのワークボードをモデルに書かれたものです。

お姉ちゃんはビーズ教室に行ってました。
そして、こっそり家族みんなのアクセサリーを作っていたのです。

秘密にして出来上がったら、みんなを驚かして喜んでもらおうと思っていたお姉ちゃん。
なのに、先にちびまる子ちゃんに見つかり…


続きは、下記の動画をご覧ください。
http://himatube.se/video/11469


【後記】

当店の ビーズ用ワークボードはどこにも販売されていないオリジナル商品で
しかも、意匠登録済ですので、他店は真似して作ることが出来ません。

ちびまる子ちゃんで出演したボードは、ビーズケースを置くレーンや、
ビーズ玉を並べる溝などがちゃんと描かれており、当店のワークボードを
モデルにされたものだと思います。

ビーズ デザインボード


このような形で紹介頂けた事、とても嬉しく思います。

物語の中でのビーズ教室は、生徒さん達は皆さん可愛いお譲さんなのに、
窓の外から覗くちびまる子ちゃんに声を掛けた女性は、どうも「年配」でいらっしゃいます。

やっぱり……ビーズの先生って年配という位置づけかな?とちょっぴり寂しい納得だったりします。

しかし、そうは言ってもビーズは、本当に熟年の方におすすめの趣味。
こじんまり室内で楽しめるので、いつまでも続けられるおすすめの趣味です。

まだご経験の無い方は是非、初めて見てくださいね。


2016.12.24
葉月硝子

関西ハンドメイドくらぶ


関西はんどめいど倶楽部2004

2004年10月29日~30日 大阪産業創造館で「関西はんどめいど倶楽部」と題した展示即売会が行われました。 グラスマーブルも微力ながら参加させて頂きました。いろんな手作りが集まり楽しいひとときを過ごしました。

ハンドメイドくらぶ 入口看板

大阪市中央区本町にある大阪産業創造館に会場を設けられた
「関西はんどめいど倶楽部」は何か大きな団体が作ったイベントでは無く、
一個人の女性がただ一人で頑張って開かれたイベントでした。
ハンドメイドくらぶ 準備

午前9:15に搬入がはじまり9時半から準備!準備!
あらかじめ注文していた展示台や棚などはすでに準備されていて ただ商品を並べるだけなのにあわわ あわわ・・・と進まず 時間が過ぎるばかり。
ハンドメイドくらぶ 準備が整った頃、雨が降り始めました

午前11時過ぎ、やっと店らしくなって来ました。
微妙な部分も手直しして後は開場時間を待つばかりとなりました。
ハンドメイドくらぶ 壁際の陳列商品

今回の展示会からの新商品です。
手前黒いバッグは、お教室用に持って行ってほしいファイバーバッグ。
ハンドメイドくらぶ 手前左側に用意した商品

今回の展示会からの新商品です。
手前黒いバッグは、お教室用に持って行ってほしいファイバーバッグ。
ハンドメイドくらぶ ボードを出して、その場でもアクセサリー作り

実演というより、次のビーズキットを作ったりしていました。
時間が経つごとに、だんだん雨足が強くなり、 お客様も少なくなって…
でもお蔭でブースブースの方とお話しが出来る機会が出来て楽しかったのです。
ハンドメイドくらぶ ビーズキットを喜んで頂けました

今回の展示会、一度はキットを持って行くまい…という 話も出ていたけれど新商品のアクセサリーバッグとお揃いということもあり急いでパッキング。 会場に来てくださったお客様の中には、すでにグラスマーブルの商品をお持ちの方もいらっしゃってそりゃあもう とってもとっても 嬉しかったです。

追記

2004年と言いましたら、2003年にお店をオープンさせてまだ1年足らずの時です。
グラスマーブルはインターネットのお商売から始まりましたが、その後雑誌の通信販売や百貨店などの催事、テレビショッピングと 色々なメディアで活躍するのかしないのか…そんなこともまったく結論が出ていなかった頃です。
同業の方が一人で頑張って催事をされると知り、それなら!と参加させて頂きましたが、「ハンドメイド」という名の元 グラスマーブルの商品は、ほとんどがオリジナルとは言え工場生産のものです。
何か違和感もありましたし、皆様を見て個人個人が手作りで頑張っていらっしゃる事を思うと、ちょっと職種の違いを感じたのも事実でした。
この「はんどめいど倶楽部」が終わったのを機会にそれから以後、ハンドメイドの催事には出ないと決定づけた経験でした。



神戸セレクション5

神戸セレクション

神戸セレクション認定商品

公益財団法人神戸市産業振興財団 商業支援部が運営する【神戸セレクション】は、
2007年から神戸らしいお洒落で質の高い商品を公募・選定し、インターネットモールや各地の百貨店等で展示・販売会を実施することにより、
神戸経済の活性化と新たな神戸ブランドの創出を目指す事業として毎年、いろんな商品が選ばれています。

そんな中、グラスマーブルの商品も2011年に選んで頂きました。

はじめてのプレゼンと言う緊張感も味わい、何度も何度も練習をしたのに、
審査員の前では、しっかり練習通りに出来なかった事も今では良い思い出です。 また、この神戸セレクションに選ばれたことで、 はじめて百貨店である大丸京都店の催事やラジオ番組にも出る機会があり いろんな事への挑戦となりました。

こちらもご覧くださいね。
http://www.kobe-selection.jp/archive/


ラジオ出演の様子



放送がはじまりました



大丸京都店にて

大丸催事

大丸催事

大丸催事



パナソニック プレゼント

ながらビューティでプレゼントキャンペーン

パナソニックの美容商品の使用実感の応募で当たるキャンペーンでした

2011年10月2日、「聞かせてあなたの使用実感」というパナソニックのキャンペーンプレゼントに、当店のメイクボックスを使って頂きました。

パナソニックキャンペーン

「聞かせて、あなたの使用実家。」ということで、パナソニックの美容商品の使用実感を応募すると グラスマーブルのオリジナルファイバー製メイクボックスが3名様にプレゼントされます。

この時、 パナソニックの美容商品は、ヘアードライヤー、ナイトスチーマー、目元エステ、頭皮エステヘアアイロン、スチーマー等々たくさんの商品。 どれも体験したいなぁと思う商品です。

自宅でエステが楽しめるようになりましたね。


こんなに大きなパナソニックという会社様から突然のお電話を頂き、本当に光栄でした。

プレス関係者の方々へ


メイクボックス/ツールボックスの無料貸出について

弊社グラスマーブルでは、番組・イベント制作などのメディア関係者様に、
メイクボックス(=ツールボックス)の無料レンタル・貸出を行っております。

テレビ、CM、ドラマ、映画、雑誌、その他イベントにてご利用をお考えの際は、
お気軽にお問い合わせください。

mail: info@glassmarble.jp

又は、★ こちらのフォーム ⇒ をお使い下さい。



12月店長の一言

街では、もうクリスマスムードがたっぷり! 一年がアッと言う間にすぎていきます。

_________________Hazuki___


収納自慢大募集

  • グラスマーブルな一日
    ・ 12月11日更新
  • 葉月のブログ
    ・ 12月13日更新
  • インスタグラム
  • フェイスブック
  • クーポンコードのご利用方法
  • メルマガ登録

店舗情報

有限会社グラスマーブル

兵庫県神戸市灘区篠原南町
7-6-1-805

TEL/FAX 078-801-6507

10:00~17:00 土日祝休



偽サイトにご注意ください


SECOND STORE2

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

【 商品発送について 】
ご注文ご確認メール到着後1~3日以内に発送をさせて頂いております。
商品発送後、メールにて到着日時をお知らせしております。ご確認くださいますようお願いいたします。