■ ビーズの道具のお話

自分の上質な時間の小道具として

最近、アクセサリーを作ると売りやすくなった。
ミンネ・メルカリ・フリル・クリーマなどで、アクセサリーを作り、スマホで写真を撮り、すぐに出品完了。

こんなに出品が簡単なので、同業者やライバルも多く必然的に価格競争を自ら名乗りでなければならなくなる。

そんな今どきの背景を考えると、「アクセサリー作り」って何だろう?と考える。

ビーズのアクセサリーはサクサク作れる。すぐに完成する。もちろんすぐに完成しない手の込んだものもあるのも確かだが、それは一般に自分の首に下げると言うよりは芸術品と言った方がしっくりくるだろう。

とにかく、ひとつの作品を作るのにそんなに時間は必要ない。

すぐに出来るから数が増え、じゃ、売ろう!というそういう考えもそれ自体はあまり問題とは思わないが、
時短で作ったアクセサリーだとしても、そのひとつはこの世にたった一つしか存在しない小さな作品、あるいは芸術ではないかと思う。

しかしそんな価値を持った作品であるにも関わらず、アーティスト自ら価格競争の中に埋もれて行く。自分の作った作品を使って欲しいという気持ちよりも「売れる事だけを意識した売り方」を感じる。

それは今の時代の象徴なのだろうか?

売れる売れないではなく、作品の良し悪しでは無く、自分の費やした時間がそのアクセサリーの作品なのだ。という考え方はある意味、非常に贅沢であると思うようになった。

自分の脳とビーズを見る目の中で、色、形を選びながら…そしてどこかで見た素敵な作品の記憶をたぐらせながら、アクセサリー作りに身を置く。

こんな至福の「時」を価格競争の渦に巻き込んではいけない。

いつも目の前にある「時」を上質にするために、時を作るには時を作る道具が居る。

その道具は、自分の価値を下げるようなものであってはいけない。道具に負けない作品を作る為に一緒に楽しむ時間なのだから。

わたくしは、ワークボードを前に置き、いつも一緒に楽しもう!と心の中で思う。
出来上がった物を、次の日に潰してまた新たに作る事も多いが、 ワークボードを前に置く事で、「ビーズの時間」という人生の「時」を過ごしたいと思う。

それはもしかしたらひとつの儀式かもしれない。

朝、起きて顔を洗い身支度をする。そうして背筋を伸ばすとようやく外に出たり、家族以外の方と会う準備が整う。そんな毎日の何でもない儀式も、執り行わないとやっぱり先へ進めない。

わたくしにとっての ワークボードは、実に上質な時間を整わせるための儀式なのだろうと思う。

貴方にもそんな大切な「時」を大事にして欲しいと願いながら、お送りしている。


葉月硝子

4月店長の一言

穀雨・葭始生(あしはじめてしょうず)

週末はお天気がよく、お出かけ日和かも。。。

_________________Hazuki___

収納自慢大募集

  • グラスマーブルな一日
    ・ 5月25日更新
  • 葉月のブログ
    ・ 4月22日更新
  • フェイスブック
    ・ 3月20日更新
  • インスタグラム
  • クーポンコードのご利用方法
  • メルマガ登録

店舗情報

有限会社グラスマーブル

兵庫県神戸市灘区篠原南町
7-6-1-805

TEL/FAX 078-801-6507

10:00~17:00 土日祝休



偽サイトにご注意ください


SECOND STORE2

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 配送のみ

【 商品発送について 】
ご注文ご確認メール到着後1~3日以内に発送をさせて頂いております。
商品発送後、メールにて到着日時をお知らせしております。ご確認くださいますようお願いいたします。